<職場の悩みは十人十色>

環境や待遇は良いが夜勤はきつい

看護師という仕事はやりがいが強く、社会的な意義も非常に大きいものです。民間の企業の場合、なぜこんな仕事を毎日しなければならないのか、と疑問に感じながら働くことが少なくはありません。しかし、病院での仕事ではそういった悩みを持つ必要はないはずです。

看護師であれば、直接患者さんと接することができますし、医療の中枢を担っているという誇りを持って毎日働くことができます。看護師不足が叫ばれている今、病院側が労働環境の整備に力を入れていることが多いです。
病院は、病気や怪我をした患者さんが来る場所なので、清潔に保たれています。夏でも冬でも、快適な適温の室内で働くことができるので、働きやすい環境という面で言えばトップレベルです。更に、給料や福利厚生といった待遇にも期待できます。

ただ、人によっては「残業が多い」「夜勤をしたくない」といった悩みを持っている人も居ます。特に夜勤は、生活リズムが狂ってしまうこともありますから、女性の中には敬遠したいという人が多いです。家族を持っている女性であれば、家に帰って家事や育児をしなければならないこともあるでしょう。夜勤が入ってしまうと、家事や育児ができなくなる可能性があるのです。1人暮らしの場合問題は無いかもしれませんが、家族と一緒に生活をしているなら家族の協力が必要不可欠になります。

生活リズムが狂うと、お肌の調子も悪くなります。加えて、疲れやすくなったり、体調を壊したりといったデメリットがあります。しかし、働く病院を選ぶことで、夜勤を回避することができます。職場選びを慎重にすることで、十分に回避できる問題なのです。働き始める前に、こちらのサイトをチェックしてみましょう→【あなたの職場は大丈夫?