<職場の悩みは十人十色>

悩ましい看護師不足の問題

看護師の悩みとして、シフトのことが挙げられることは多いです。シフトチェンジが度々ある、休みなのに急に呼び出される、残業が多い、ということは日常的に見られ、問題となっています。

その原因として、看護師の不足が一番叫ばれています。一見、看護師の勤務表を見てみると数は足りているように見えますが、それでも実はぎりぎりと言われることがあるのです。
それは、看護師の配置基準が原因となっていることが考えられます。配置基準によって診療報酬に影響があるので、病院としては看護師と患者さんの割合を7対1にしたいと考えるところが多いのです。そうすると、看護師の人数が多くても基準通りに配置しなくてはいけないために、足りなくなってしまいます。

看護師の数が不足していると、自分や家族が急に病気になっても休めない、預けている子供の体調が悪くなってもすぐに迎えに行けない、ということがあります。どうしても休まなくてはならない状況になると、今度は急にシフトチェンジが行われることが多いです。この場合、一人の交代で済めばよいが、複数人の勤務が変わることもありえます。そのため、急なお休みが続くと申し訳なく感じて、悩んでしまう人が多いのです。

そのため、シフトについての悩みが解決されないままだと、自分の都合に合わせやすい病院への転職を考え始めます。実はシフトの問題が、看護師の転職を意識するきっかけになることが多いのです。

労働環境の問題は、どの職場でもあります。看護師のように、特殊な資格を必要とし、かつ交代制で働く場所の場合は大きな悩みとなることが往々にして考えられるのです。