<職場の悩みは十人十色>

年代による悩みの違い

看護師は通常、専門学校か大学を卒業して資格を取得し、就職します。そのため、働き始めは20代前半であることが多いです。中には、中学を卒業してすぐ学校に入り、資格を取って就職する10代後半の准看護師もいます。

看護師の国家資格は更新が無くずっと有効なため、育児などのために離職期間をとりつつ、50代~60代までしっかり働いている人も居ます。当然、看護師一人ひとりが抱えている生活背景は異なるでしょう。それゆえに、様々な労働環境の悩みが発生することもあるのです。

例えば、10代の看護師の場合、准看護師であれば、正看護師を目指して進学したいという希望があるかもしれません。そんな中勤務が忙しく残業が多くなってしまうと、満足に勉強する時間が取れないこともあります。そのため、夜勤を減らして欲しい、もしくは進学するためにサポートをしてほしい、といった悩みが出てくることもあります。

20代の看護師は、まだまだ駆け出しなので労働環境に興味がない場合が多いです。しかし、ふと落ち着いたときに考えて、今の給料は自分の労働時間と見合っているのか?と考えるようになります。または、漠然としている今後のキャリアプランに悩むこともあるでしょう。

30代40代となると、育児や家庭との両立をしながら働く人も少なくありません。そのために、残業はなるべく無く、急なシフトチェンジはできない、といった悩みが出てきます。

このように、看護師は年代で悩みが大きく変化します。また、女性が多く活躍している職場のために、結婚・出産・育児などが大きくか関わってくるのです。