<職場の悩みは十人十色>

多様化する看護師の職場

看護師の働く場所と言えば、昔であれば病院やクリニックが主でした。しかし現在は、会社・保育園・行政機関など、様々な働き場所があります。労働環境こそ違うものの、看護師が悩みを抱えながら働いているところも少なくありません。

例えていうと、病院であれば夜勤などのシフトがありますし、命の現場であるために毎日の仕事には緊張感が伴い、ストレスを感じることがあります。また、交替制で働くために自由に休みが取れない場合や、一人に負担がかかることがあるといったデメリットもあります。
しかし、その分給料で手当てが付いたり、育児サポートがしっかりしてたりといったメリットがあります。

では、会社・保育園・行政機関などで働く場合はどうでしょうか。
通常、そのような場所での勤務には夜勤がありません。毎日同じ時間に出勤して定時で帰宅できるため、身体的にとても楽でしょう。また、土日祝日が休みというところが多いので、家族と休みを合わせることが出来ます。全くデメリットが無いかというと、そういう訳でもありません。それは、夜勤がない分給料がすこし低いというところです。また、医療関係者ではない人と一緒に働くことになるので、看護以外の知識が必要になる可能性がある点や、職場の看護師は一人か二人ということが多いので、責任が大きくかかってくる点も挙げられます。

どの労働環境においてもメリットやデメリットはあり、それぞれに悩みが尽きません。悩みについては、職場の上司や信頼できる同僚に相談することが大切です。